当院の特徴~患部の刺激方法~

コストはかかりますが、安全のために全て使い捨ての鍼を使用しています。

富田式 鍼灸治療

体は 自然な物質で構成されています。
内部は手作業による変化が向いています。


鍼灸治療の道具について

鍼のかたち

私が使う鍼は、とても細く、約0.16㎜~0.24㎜です。

「先生の鍼は痛くない、もう入ったの!」
と言った声をよく頂きます。

参考に書きますと
予防接種などの針は、液体を通すため「0.5㎜」、
ご家庭でみかける画鋲の針は「1㎜」あります。

※当院では、使い捨ての鍼を使用しています。どうぞご安心ください。

お灸について

あたたかい刺激を与えることで
体の状態を変化させ症状の緩和をする代替え医療です。


鍼と向き合う日々(ひとことコラム)

鍼の欠点

鍼灸師として大切な治療道具の鍼にも、
決点があると思っています。

それは、とても繊細な感覚が必要な所です。
お客様の身体の中に入る道具ですから
とても細やかな心配りをしています。

いくら細心の注意をはらっても、
幹部に痛みを生じさせてしまうことはあります。

みなさん、
子どもの頃の予防注射のイメージをお持ちですから、
「鍼治療を行いますよ」とお伝えすると
少し緊張してしまう所も、鍼の欠点です。

そんな短所はあるけれど、
毎日鍼と向き合い、優しくていねいな治療に
「磨きをかけ続けられたらたら良いな」と思っています。


喜鍼(きしん)について

えん鍼灸院・整骨院オリジナル・喜鍼

喜鍼は当院オリジナルです。

喜鍼の効果

身体の奥、中間層を変化させる道具の一つです。

筋肉とその周囲、具体的には
背中やお尻などへの治療に非常に効果が高いです

皮膚の上から刺激しますので、
鍼を刺すと出血しやすい方にもお使いいただけます。


このページの先頭へ