膝関節痛や股関節前面(鼠蹊部)の痛みを治療した症例

40代男性の方が、膝関節痛、股関節前面(鼠蹊部)の痛み、膝前面下部の痛みにより来院。

現在は、建設業の現場作業をしている方。

過去の病歴

20年前 陸上で過度に練習し 膝を痛めた経験がある。

2~3週間前より建設業で力仕事をし股下の痛みがでてきた。痛みは重いものをもった時に、びりっと股下の所に痛みがあり来院。

ペインスケール7(患者様の痛みを測るものさし) 

鍼灸・整骨治療の経緯

中腰や、重いものを持ち上げる際に股関節が痛む。おしりの外側の痛みに対して、重いもの、中腰の作業が多く、鼠蹊部に負荷がかかったと判断。

環跳を取穴後、ふともも外側の痛みが低下。(来た時が10として半分に低下)

鼠蹊部の痛みに対して痛みが股下に残っている。鼠蹊部、内転筋取穴も痛みが低下せず。膝関節を触診。

骨に付着した「粘着性の硬結」。

膝関節に負荷がかかる事があるか確認するとロードバイク、トライアスロンなどをし、膝が曲がらなくなった経験があるとの事でした。

粘着性のツボは、負担がかかりやすい事を示しています。

膝内転筋群の過負荷により、股下の痛みがあると判断。陰陵泉に取穴後、股下の痛みが低下。

損傷が大きく負担もかかりやすい状態にあり、ご自身で出来る事を指導しました。

同経絡 三陰交、曲泉、腰眼に取穴。

ホリスティック(全体的なバランスを取りながら)にお体を整えていきましょう。

男性の方は多少の痛みを我慢して放置しがちですが、早期ケアが予防のカギを握っています。良い状態で、お仕事に集中できると良いですね。一緒に頑張りましょう。


このページの先頭へ