交通事故による症状を治療

交通事故に合われた方が対象です。 急性期~回復期など、痛みの状態や時期に合わせて各種療法を組み合わせます。

当初は痛みを感じない場合も

交通事故に合うとからだの中は、日常生活で起こらない力が加わり大きな負荷がかかります。 事故当初は緊張から、からだは興奮状態にあり痛みを感じにくい時期があります。

早期からの積極的安静が早期回復に効果が高いです。

整骨院・鍼灸院では、交通事故のせいで起きるむち打ちや打撲などの症状を治療することが一般的に行われています。自然に治らないことも多く交通事故や労災での治療は得意分野と言えるでしょう。

交通事故後に病院の検査で異常なし

事故の後に病院で検査を受けても異常なしと言われた。しかし、あちこちが痛かったりつらい方はたくさんいます。

人間の体は、検査で映らない神経や筋肉、腱の小さな損傷やゆがみでも困った症状として現れます。

特に非常に大きな負荷を受けた事で生じたゆがみや傷などは、しっかり治療をしておきましょう。

なお、ここ宇都宮市では、平成24年に2,576件の交通事故が発生し負傷者は3,225人と前年よりも増加しています。

 

 


このページの先頭へ